プロフィール

柴田 ひろあき

Author:柴田 ひろあき
Aquariumy Studio Inc.
( アクアリウミー・スタジオ ) 代表。
エンタテインメント・コンテンツの
企画、制作、販売業務を行う。

「海から生命が誕生したように、
 このスタジオから感動的な
 コンテンツを生み出したい」

水をテーマにした小話を
毎月第一水曜日に更新中。

生年月日 : 1980/02/20(水)
星座 : 魚座
血液型 : A型
六星占術 : 水星人+
Social : twitterfacebooklinkedinfoursquarepinterest
WP : 89 ☆
SP : 220 ☆☆☆☆
- Equipment (2016/10/31) -

ハッピー♪トリップ

おさかな

Twitter

カテゴリ

検索

リンク

深海のお話【1】


光あらば影あり。

深き海に何があろう。

光及ばぬ闇あり。


毎月第二金曜日は「深海のお話」をお送り致します。

私は今年で三十歳になり、天然さが薄れてしまったのか、
世の中に散在する“溝”のようなものが、
動かし難いものだと認識するようになりました。

「水のおはなし」では明るい話題を
「深海のお話」ではトーンを抑え、
到る所にある、様々な“溝”について語っていきます。


第一回は「人と人の溝について」です。

長い年月をかけた争いの末に生まれた日本という国。

その中のどんな集団であれ、
少なからず争いが続いているのではないでしょうか。

この馬鹿げた問題の本質はどこにあるのでしょうか。

こんなサイトを見つけました。

「象の鼻としっぽ」

人と人とのコミュニケーションギャップ。

井戸の中の蛙が海を知らないように、
全ての人も井戸の中にいる状態なんですね。

たぶん一人の人間が数百年生きられたとしても、
この井戸から出ることはないのでしょう。

立場、環境、超えられない“溝”。

たまに井戸の中にいることを思い出せれば、
少しは何か変わるかもしれません。

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

深海のお話【2】


「深海のお話」の第二回は「業界間の溝について」です。

数年前、「ニコニコ動画が未来をつくる」という新書を読んでいた時、
印象に残る一節がありました。

IT業界の人物が芸能界に商談に行った際、
「これだけやれば、これだけ儲かる」とプレゼンし、
担当者の怒りを買ってしまったという一節。

芸能界はカネの話をしないのがルールで、
儲からないのがわかっていても、
プロモーションになるんだったら出演したり、
人間関係によって成り立っているので、
契約書を交わさないケースも多いとのこと。

私も、音楽業界、ゲーム業界、IT業界と
複数の業界で働いた経験があります。

本の内容と照らし合わせると、
ビジネス重視か、人間関係重視か、
という一つの軸が浮かび上がってきます。

[ビジネス重視]-IT-ゲーム-音楽-芸能-[人間関係重視]

「郷に行けば郷に従え」が結論なのでしょうが、
日本の旧体制が崩壊しつつある今、各業界が流動的になり、
この溝は、少しずつ埋まっていくのかもしれません。

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

深海のお話【3】


「深海のお話」の第三回は「男女間の溝」です。

この溝は誰しもの身近なテーマで、永遠のテーマですね。
バレンタインデーも近いです。

私は失恋回数が他人より多い自信がありますね。

『男性が失恋したときの立ち直り方ランキング』
『女性が失恋したときの立ち直り方ランキング』

「酒を飲む」に同感、泣いても回復できないですね。
溝を感じます。

『男性からみて「なぜ?」と思う女性の行動ランキング』
『女性からみて「なぜ?」と思う男性の行動ランキング』

「必要以上にやせたがる」に激しく同感。
道ばたにつばを吐くのも分かる気が。
溝というより、レベルの差を感じます。男って‥。

『オフィスでドキッとする男性の行動ランキング』
『オフィスでドキッとする女性の行動ランキング』

「重い荷物を軽々持ち上げる」と「足を組み替える」。
溝があり過ぎ。男は馬鹿です‥。

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

深海のお話【4】


「深海のお話」の第四回は「経済格差の溝」です。

“所有”という概念が生まれ、
その言葉が使われるようになった頃から、
この溝は徐々に深くなってきたのでしょう。

富を得た人々が、安定して豊かでいられるように、
新たなルールを作り続けてきました。

歴史を顧みると、各国間の経済格差は、
先進国がほしいままに
富を貪り続けてきた結果であることが分かります。

罪滅ぼしをする時期にきていると考えています。

一部の音楽活動で行われているチャリティーを、
デジタルコンテンツの分野でも行いたいと考えています。

楽しみながら、チャリティーできるゲーム。
近日発表予定です。

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

深海のお話【5】


「深海のお話」の第五回は「自然と人間の溝」です。

地震と原発。

高度経済成長期から続けてきた、
人間のロジックの愚かな側面を
まざまざと思い知らされたのだと思います。

周りの人を幸せにしたいという志が、
いつの間にか薄れ、ごく身近な人だけに留まり、
先が見通しづらくなり、結果不幸になるという現状と思います。

ソーシャル時代の今、
このおかしな流れを変えていきたいですね。

(あぁ、第二金曜日に更新するはずが第三金曜日になってしまいました)


テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

深海のお話【6】


十三日の金曜日ですね。

第六回は「怖いもの好きな人と嫌いな人との溝」です。

この溝は深過ぎでしょう。

A.「怖い<好奇心」
B.「怖い>好奇心」

AかBのどちらかに振れたら最後。
溝がどんどん深まっていきます。

好きな人多いですよね。映画でも、ゲームでも、小説でも。
夏も近いし。ラジオも急に怖い話をしゃべり出しますね。

あぁ、怖い々々々々々々。仕事します。

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

深海のお話【7】


第七回は「小規模組織と大規模組織の溝」です。

震災から3ヶ月が経とうとしています。

寄付で集まったお金は、
必要なところへ行き渡ったのでしょうか。

どうやらそうではなさそうです。

先日、ある方にお話を伺ってきました。
その方は小規模な支援団体の代表者の方でした。

「集まった寄付金を何にどれだけ使ったか、
 その説明責任を果たすことは使命である。
 あの大規模組織の経費比率はおかしい」

大規模組織は腐敗化し易いようです。
関連する人間の様々な思惑があるのでしょう。

小規模組織がアガペーなら、
大規模組織はアジャパーです。

お金がどこへ流れていくのか、
目を光らせていきましょう。

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

深海のお話【8】


第八回は「多数と少数の溝」です。

複数の人が何か一つの意志決定をする際、
多数決を採用することがあります。

この意志決定の手段は、
当事者一人一人が同じ重みの決定権を持っているので、
一見平等と認識できます。

しかしながら、この方法が、
不平等な結果を生むことがあります。

誰もが身に降りかかると嫌な事を、誰かに強要する場合。

いつ放射能漏れをするか分からない施設の近隣で生活する人を
決定しなければならない場合、
人口の少ない地方の住民が不利な立場に追い込まれます。

住民の多い都市の方が有利な立場になるので、
嫌な事を押し付けることが可能なのです。

東電の株主総会は「脱原発」が否決で終了しました。

今は不利な立場になっている人の声をメディアが強調していき、
バランスを取っていくしか方法がないのでしょうか。


テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

深海のお話【9】


第九回は「支援国と被支援国の溝」です。

先日、『池上彰と考える「支援される日本、支援する日本」』
というイベントに参加してきました。

日本は、東日本大震災を経て世界1位の被支援国となったそうです。

ご存知でしたでしょうか。

私は知りませんでした。他にもいろいろと勉強不足を痛感しました。
まだこの溝について意見を述べられる段階まで来ていないですね。

ちなみにこちらがODA(政府開発援助)額の推移です。

>グラフ<

9.11 事件以降、テロ抑制のため、
米国の援助額が急激に増えているのが見てとれます。

昨年は次いでイギリス、フランス、ドイツ、日本の順です。

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

深海のお話【10】


第十回は「甘党と辛党の溝」です。

スイーツ好きな甘党。
アルコール好きな辛党。

どちらも好きな私は甘辛党。

溝はいつかは埋まるのでしょうか。

「深海のお話」は第十回でしばらく休載させていただきます。

今までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

| ホーム |


 BLOG TOP